スクラップブッキング大好き。まだまだ修行中の身です。
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
つぶやいてます

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

はじめてのcut

はじめてのcut

*この記事を全部読む*

Lignin free(リグニンフリー)とは……

ペーパー類に、リグニンという物質が含まれていないという意味です。

Ligninは、リグニン(そのまんま)木質素のこと。
freeは色々な意味があるようですが、「化合していない、遊離した」という表記がしっくりするかな???
辞書で調べてみると、リグニンは「植物中にセルロースなどと結合して存在する高分子化合物。細胞壁に堆積(たいせき)して木質化を起こし、植物体を強固にする。木材では20~30パーセント含まれ、パルプ製造の際の不要成分。バニリン製造・粘着剤などに利用。」と、なにやら小難しいことが書いてありました。

もう少し、分かりやすく(?)解釈すると、リグニンという成分は、木に含まれる成分の1つ。
ペーパー類の原料の木にも含まれており、紙が日光によって退色、変色してしまいます。
(新聞や雑誌、コミックなどの変色をイメージしてみるとよいかも)
この成分が取り除かれていることをリグニンフリーというわけです。

とはいいますが、紙というものは(安い紙だろうが、高い紙だろうが)直射日光に当たっていると、変色してしまいます。
アシッドフリーの項目でも述べましたが、リグニンフリーの紙を使ったからといって、大丈夫だというわけではありません
作品を西日ががんがん当たるところに飾っていたら、当然、退色するでしょう。

一生懸命作った作品ならなおさら、飾り方、保管方法には気をつけたいものですね。

テーマ:☆★スクラップブッキング★☆ - ジャンル:趣味・実用

Acid-free(アシッドフリー)とは……

PH(ペーハー)が写真や紙に悪影響を与えない範囲内であるもの、酸が含まれていないもののこと。

Acidは酸。
freeは???
自由?
アメリカ生まれのクラフトだけあって、用語には横文字が多く登場します。
英語は苦手なんで、辞書で調べてみました。
「化合していない、遊離した」という表記がしっくりするかな???

スクラップブックは、「大切な写真に、色々な飾りをつけて、思い出をいつまでも(それこそ孫の代まで)残そうぜ!」という特徴から、スクラップブッキング用の素材として、長期保存に適している素材が販売されています。

写真や紙の劣化、退色となる原因の一つに、「酸(Acid)」の存在があります。

写真やスクラップブッキングで使用する、ペーパーやエンベリッシュメントに酸が含まれていると、時間が経つにつれ、写真や紙が劣化してくるといわれています。
写真をそのまま段ボール箱に入れたままにしていたりすると、数年後、写真を見てびっくり! がっかり… ということがありませんか?
そういう「びっくり! がっかり…」を防ぐのが、アシッドフリーの素材です。

つまり、スクラップブッキングに使用する素材や接着類は、原則として「アシッドフリー」のものを選ぶようにしましょう、ということです。
「アシッドフリー」のものは、「中性」からやや「アルカリ性」でできており「酸」を含んでいないもの(pH7以上)ということになっています。
紙の成分に悪影響を及ぼす物質を極力さけて作られているそうです。

とはいうものの、スクラップブッキングを作っていると、色々な市販の素材(ダイソーなんか魅力的)を使ってみたくなります。
また、アシッドフリーの商品は価格が高かったりします。

これはアシッドフリーなの?
使えるの?
使えないの?
と神経質になって、ストレスを溜めるのもよくない(笑)。
孫の代までいらない、この数年楽しめれば……、クリスマスのオーナメント代わりに作るから1シーズンだけでいいの……というような、一時的に楽しむということを理解しているのなら、アシッドフリーの呪縛から逃れて、好きな素材を好きなように使って作るのもありだと思います。
酸性度(pH値)を調べることができる専用のペンがあるそうです。
(あくまでも目安ですが)
また、酸を含んでいるものにスプレー剤をかけてアシッドフリーにしたり、パンフレットや入場券などは、専用のシートやシールに挟んでコーティング(?)したりして使用する方法もあるようです。

そもそも、アシッドフリーも完全ではありません
写真が劣化する原因は、酸の他にも湿気、直射日光など、様々な要因があります。
作品を西日ががんがん当たるところに飾っていたら、当然、作品全体が色あせするでしょう。
そもそも写真自体に(写真に使用されている印画紙やインクなどに)問題があったら、数十年後には劣化しているかもしれません。

と、開き直ってみせましたが。。。
写真に直接触れる部分は、アシッドフリーの素材を使ったり、アシッドフリーかどうかわからない素材は、写真から離して貼るようにした方がいいでしょう。
写真にアシッドフリーの紙でマットをつける、という方法もあります。
そして、できれば、スクラップブッキング用の両面テープ、のりで作業をするようにした方が無難だと思います。

テーマ:☆★スクラップブッキング★☆ - ジャンル:趣味・実用

inch(インチ)とは……

スクラップブッキングは、アメリカで誕生したものなので、作品のサイズ、道具類は、基本的にインチサイズになっています。

1インチは約2.54cm
最初はセンチ単位の定規で測ってやっていたので、その半端な数字にとまどいましたが、ペーパーカッターのメモリや、道具類もインチサイズになっているので、道具類を揃えていくうちに、だんだん慣れてきました。

スクラップブッキングのスタンダードな作品は、12×12インチ(約30.5cm×30.5cm)の大きさになります。
12インチサイズの他には、12インチを2枚並べた12×24インチや、小さいものでは、8.5×11インチ、8×8インチ、6×6インチなどがあります。
他にも、カードタイプ、ブックタイプなど様々なものがあり、イーゼルや小物などに貼った、立体的な作品もあります。
12インチサイズの作品以外は、スクラップブッキングの作品としては認められない! インチサイズで必ず作らなければならない!
、、、などといった規定やルールはありません(笑)
作品にアイデアをいっぱい盛り込むことができ、とても自由で、幅の広い楽しみ方ができます。

テーマ:☆★スクラップブッキング★☆ - ジャンル:趣味・実用

Scrap Booking(スクラップブッキング)とは……

思い出を大切に残し、伝えていくアートクラフトです。
思い出深い(あるいはお気に入りの)写真を台紙に貼り、様々な装飾パーツ等をちりばめ、写真にまつわる思い出をより鮮やかに、長期にわたって残していこうというコンセプトのクラフトです。
アメリカで誕生し、大流行したクラフトで、日本にもじわじわと広まってきています。
ダイソーにもスクラップブッキング用の用品が登場しています。
大切な思い出の写真を、さらに素敵な思い出にするべく、作品として作り上げるクラフト。
思い出アートです。
装飾いっぱいのオリジナルアルバムを作ろう!っていうかんじでしょうか?

デジタルカメラや、携帯電話にカメラ機能が装備されるようになり、より、写真が身近な存在になりました。
しかし、写真は撮っても、撮っただけ、、、という人も多いのではないでしょうか?
せっかく撮った思い出の写真。
写真を箱や引き出し、あるいは、パソコンの中にデータのまま残しているのは、もったいないと思いませんか?
ブログやHPにアップするというのもアリですが、スクラップブッキングとして写真を残すのも素敵です。
作成中はもちろん、完成作品を眺めることによって、写真を撮った当時の気持ちや思い出を楽しむことができます。
孫の代まで伝える思い出アートづくり、、、というキャッチコピー(?)もあるようです。

上記のことを、スクラップブッキングの専門用語を並べて説明すると、

写真にマッチした、アシッドフリーのカラフルなペーパーを台紙に使い、楽しいくて綺麗でかわいい、エンベリッシュメントをポイント的に配置し、タイトルをつけ、写真を撮影した時のシチュエーションや感想を、ジャーナルという形で、心を込めた手書き文字で書き添えます。
そうすることにより、その時の思い出をより鮮明に記録し、気持ちを第三者に伝えることができます。
自分だけではなく、みんなを幸せな気分にしてくれるクラフトアートです。

テーマ:☆★スクラップブッキング★☆ - ジャンル:趣味・実用

// ホーム //
まとめ