スクラップブッキング大好き。まだまだ修行中の身です。
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
つぶやいてます

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

PVCフリー

紙の劣化の原因となる、ポリ塩化ビニールを含んでいないという意味。

ビニール製のもので、PVC(ポリ塩化ビニール、塩ビ)製のものは、写真を変色させるといわれています。

しかし、ネットでPVCフリーと検索すると、点滴とか、医療関係のページがわんさかでてきます。
スクラップブッキングで「PVCフリー」という言葉はあまり使用されていないのかもしれません。
作品を保管するアルバムや写真入れは、PVCではないのものを選ぶとよいでしょう。
一般的な写真用の樹脂製品(ポケットアルバムなど)は、たいていPVCフリーになっているようです。

じゃあ、PVCフリーって、具体的にどれ?
ということですが、スクラップブッキング用のアルバムリフィルや、市販のポケットアルバム、クリアファイルなどは、ほとんどポリプロピレン(PP)製だといわれています。
ポリプロピレン、、、なんだか、舌を噛んでしまいそうです。

ポリ塩化ビニールの見分け方を調べてみましたが、リサイクルマークは、リサイクルを意味する三角の中に数字の3が記載されているもののようです。
ちなみに、ポリプロピレンは5です。
頼りなのは素材表示だけで、触っただけ、見ただけでは、あまり区別がつきにくいようです。
人体への影響から、人が口にするもの、医療関係はPVCフリーのようですが(笑)
燃やしたらわかる、とかかれていたサイトもありましたが、やめた方がよいでしょう。(普通、そこまでしませんよね)
ビニール製品の素材をスクラップブッキングに使用する場合は、スクラップブッキング用の商品を使用するのが安全! ということですね。

余談ですが、、、
私が昔、パッケージデザイナーとして働いていたとき、印刷屋さんが「ダイオキシンが発生する問題で、安価な塩ビが使えなくなってしまったんです~」と、半泣きでした。
塩ビの代わりにPET(ペット/ポリエチレンテレフタレート)とかPP(ポリプロピレン)とか、説明されましたが、値段はもちろん、柔軟性や透明性、加工性では、(当時では)塩ビにはかなわないようなことを聞いた記憶があります。
関連記事
<< Archival Quality(アーカイバル・クオリティー) // ホーム // christmas >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://lovesb.blog97.fc2.com/tb.php/15-2c5d95f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
まとめ