スクラップブッキング大好き。まだまだ修行中の身です。
カテゴリ
最新記事
全記事表示リンク
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
つぶやいてます

検索フォーム

RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード

QRコード

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Journal(ジャーナル)

記録文、また記録文を書くこと。
写真だけでは忘れてしまいがちな、その時のエピソードや感動などを書き添えたものになります。
ジャーナルは、その時の感動や情報、情景など、写真ではわからないような背景を文字にして、後日に伝えてくれます。
作品を長ーく保存して、後々まで見て楽しむためにも、ジャーナルはあった方がいいです。

ジャーナルはパソコンで作成し、プリントアウトするというケースもあります。
でも、手書きで、一字一句心を込めて(!?)書くことにより、そのときの気持ちをより強く、思い出のほんわかしたぬくもりも一緒に残すことができるのではないでしょうか?

私は字が下手です。
昔、人から「人生を投げたような字」と言われました。
私の手書きジャーナルは散々なのですが、それが、まあ、私らしいというか。。。
ある意味、味のあるデザインに仕上がっています。
文字はその人柄をあらわすというか(墓穴を掘っていますが)

あまり難しく考えず、日記や自分自身に手紙を書くような感覚で。
まずは、写真を撮影した日付、場所、その場にいた人といった情報から初めてみてはどうでしょうか?
作文などの勉強で、例にだされるのが、5W1H。
(who 誰が/what 何を/when いつ/where どこで/why どんな目的で/how どのようにしたか)
私など、ひねくれてますから、逆に5W1Hをだされると、堅苦しくなってやりにくいなあって思います。
旅行ならスケジュールをそのまま書いてみる。
スポーツ観戦なら日時に競技場の場所、屋外ならその時の天候、結果など。
赤ちゃんの誕生なら、体重や身長などのデータ。
作った料理なら、そのレシピ。
そういった情報を書いて、ちょこっと、自分がどう思ったかを加えると、もう、立派な(?)ジャーナルです。
プライベートなことなので、恥ずかしくて、人に見せたくない。
あるいは、写真をいっぱい使いすぎて、ジャーナルを書く場所がなくなった、といった場合などは、「隠しジャーナル」という方法があります。
ポケットを作って、タグに書いて入れる。
とびら式にして、内側に書いたり。
その逆に、書き方を工夫して、デザインの一部として表現するという作品もあります。

ジャーナルは写真が撮られた瞬間を言葉で表現した大切なもの。
スクラップブッキングには欠かせない要素です。
関連記事
<< accent(アクセント) // ホーム // Title(タイトル) >>

管理者にだけ表示を許可する
トラックバック URL
http://lovesb.blog97.fc2.com/tb.php/27-6f8fa5c5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// ホーム //
まとめ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。